専慶流 ●2020年4月1日発行/専慶流いけばな真樹会主宰・西阪慶眞

専慶流・八重咲き山吹

 

ポイント 
「剣山二個を使い、右から左、左からみぎへ」

横体型盛花をさらに左右に倒し、動きと重量感を引き出した作。開花と蕾み、その途中の花の大小が入れ混ざり、楽しげ。その黄金色の間から朱色のライラックを分け入れているが、器の色と呼応させるよう長さを抑える事で、一体感あるバランスを導き出している。山吹の傾斜を強くする際は剣山に深く挿してしっかり固定させる。細い茎には添木で補強を

●花材/

八重咲き山吹、ライラック

●花器/ 朱釉創作花器


●花材/

山吹、コチョウラン

●花型/ 創作花器

ポイント 
●絵の具の「山吹色」の名前で知られている黄金色の花、それが山吹。桜の開花、もしくはそれより少し後に樹高2メートルの長さの茎に多数の花を咲かせる。花は一重咲と八重咲があり、挿し木でも簡単に繁殖する。
八重はオレンジに近い黄金色で一重は黄色に近く、澄んでいる。
狭い我が家でも群をなして咲く明るさに感嘆の日々を。
写真はいづれも庭から採取してきたもので、水切り後、しばらく養生させてからいけると長持ちする。
一般的には優しい流れを生かし左右下垂させる形がおすすめ。先にコチョウランを前にいけ、続いて左右に山吹を。右に長く、左は短くして左右に変化を。

水揚げ 水切り。

専慶流 山吹



  ライラック

見えない脅威

 令和元年を迎えた暮れに始めて報道され、今なお終
息へ向かう様子無く、それどころか世界中を不安と恐怖の
渦に巻き込んでいるコロナウィルス騒ぎ。初めて耳にした
とき、誰がこれほどの騒ぎになると予測しただろう。殆ど
の人が、ニュースを目に耳にしながら最初は「嫌だね、怖
いね…」ぐらいの感覚、何処か遠くの出来事、他人事と捉
えていたのでは。私も人の事は言えない、そんなに長期化
しないだろう、終息の見通しがたてばこのコラムに記録と
して残そうと、安易にその時期を持っていたのだが、現実
は最悪の事態へと広がってしまった。
 朝から晩まで流れ続ける報道、時には謝った報道が人々
の不安を増長、更にはデマまで飛び交い人を翻弄…。不安
が極限に至ると人は、時になりふり構わず自己防御に向か
う。命を守るための行動は当然のこと。そして正しく自身
を守ることが、他者も守ることに繋がるのは間違いない。
しかし、報道に煽られ、デマに乗せられ、詐欺に巻き込ま
れ…、様々な場面で度を越した行動を目の当たりにして、
改めて、人の思いやり、優しさ、人と人との繋がり…を思
わずにはいられなかった。十人十色、人それぞれの思い、
価値観が異なるのは仕方のないこと。ウイルス拡散の防止
対策、プリンセスクルーズ船での対応、感染者への対応、
国際関係等々全てにおいての対策の正誤は、未知のウイル
スへの対峙では正解が解らず手探り状態であり、全ての人
が同じ意見を持って臨むものではない。ただ、人は人と関
わり合って共に社会の中で生きている事を忘れてはいけな
い。

  現時点での最大限の防御は、自分さえ良ければ…では
なく全てにおいて互いに相手を思いやる行動、物品の購入
も必要なのは誰しも同じ、互いに分け合うことが、また、
人と対峙するときに「移さない、貰わない」為の自らの行
動を…そんな些細気遣いが、拡大を防ぎ、時には改善へと
繋がって行くのではないだろうか。 世界規模で日に日に
広がり続ける現状の中にあって、抱える問題は更に大きく、
更に増すばかり。対象は一部ではなく、子供も、学生も、
社会人も…世の中の全ての人が対象者として関わる問題。
嘆いていても、怒りを他者にぶつけても何も変わらない。
だからと言って批判的な身勝手な行動をとるのは無責任。
投げ遣りになるのではなく、現状で自分に出来ることは何
か…。
 私の発信が届くのは極々限られた人達でしかないが、そ
れでも縁あって何らかの繋がりが出来ている人達だからこ
そ、小さな広がりであっても良い、改めて過去の発信を繰
り返したい。私達は共に生かされ生きている。持ちつ持た
れつ…同じ問題を共有する者同士として、こんな大変な時
だからこそ、今まで以上に人を思いやる行動、人への優し
さが、最大限の自己防御に繋がるのではないだろうか。
 マスク不足や学校等様々な自粛、生活に繋がる経済不安
等々負荷が増すなかでも、現状を受け入れならが、人の知
恵は、暖かさはこの苦境の中で少しでも皆の細やかな快適
な生活に繋がるのならと、様々な形での工夫や支援や協力
の和がどんどん広がっている。一人一人が、今自分に出来
る事を、すべき事を正しくすることが、少しでも終息への
近道であるのだと「花のこころ」を信じてやまない。

                華道専慶流 西阪慶眞


慶眞のいけばな教室案内

専慶流真樹会本部/近鉄三山木駅西 TEL 0774-63-1785

専慶会館/京阪桃山駅東 TEL 075-612-2076


通信特別レッスン制度もあります。お問い合わせ下さい。

花模様  専慶流