花模様/専慶流 ●2020年5月1日発行/専慶流いけばな眞樹会主宰・西阪慶眞

●「水揚げ最優先、水切りを!」

ポイント 
 緑眩い新緑に身も心も洗われる季節、太陽光線の度合い、観る方向でその表情は千変万化し、飽きる事はない。アセビは有毒植物で、鹿がいる奈良公園にも多く栽植され、花期、新緑、紅葉期など四季を通じ楽しめる。葉の表情はもちろんの事、踊った幹の動きを軽妙に捉える事がポイント。

 

●花材/

夏はぜ、ミニバラ

●花器/

角型寸胴花器

●花材/

キウイ、セローム、バラ

●花器/

変形花器


ポイント 
 キウイ蔓は冬季から5月ごろまで、自由花素材として茎の曲がりの面白味を生かせて使用。ここではバラのボリューム感をメインにセロームの葉、キウイの線を溶け合わせた個性的自由花として仕上げている。
※バラは少し前に傾ぐ事で重なる花弁が豪華に見えることから、前に倒した形を心がけたい。

水揚げ 水切りで対応します。



側面写真

 

風趣を映す

 

 

                華道専慶流 西阪慶眞


慶眞のいけばな教室案内

専慶流真樹会本部/近鉄三山木駅西 TEL 0774-63-1785

専慶会館/京阪桃山駅東 TEL 075-612-2076

通信特別レッスン制度もあります。お問い合わせ下さい。

花模様  専慶流