花模様/専慶流 ●2020年6月1日発行/専慶流いけばな眞樹会主宰・西阪慶眞


●半透明な幻想を

ポイント 
スモークツリーの季節、日本では6 月の雨期頃にあたるが、
晴天の太陽に照らされる頃には釘付けになるほどの幽玄
世界を浮き上げる。和名はケムリの木、ウルシ科植物。
花色は緑系、赤系がある。湿度が高いとフックラ感が損
なわれるので切り花には日中のよく晴れた日に採取し、
花が膨れた状態で使用する。乾燥素材としても使用可。
煙のイメージをふくらませ、透明感ある夢世界を引き出
したい。葉は整理し、煙のマッスに注視した集合の強弱
や漂いは、幻想的描写、造形志向に効果的。



●花材/ スモークツリー、ミリオンアスパラ、ブラックマウンテングラス
●花型/ 現代花


●花材/

ギガンジューム、トケイソウ

●花型/ 現代花(複合形)

ポイント 
重量素材をバランスよく

 ドーナッツ型の創作花器に大きな頭のギガンジューム二本、飛び出すような動きをつけるよう長短をつけて配し、強弱を意識しながらトケイソウの花を浮かすように添え、軽やかな爽やかさを引き出しています。
花器はドーナッツ型で安定して見えますが、実際は厚みがないのでとても不安定。作品全体を如何に作品全体のバランスをとるかが影の技、慎重さを。

水揚げ 水切りの励行。


  バラ

新たな暮らし

 「黒木の大藤」国の天然記念物に指定を受けた樹齢600年を越える大藤、今年も圧倒される程見事な花時を迎えた花房。先日その花房が無惨に切り落とされて行く光景が余りにも残酷で、言葉にならない怒りや悲しさが込み上げてきた。繰り返される四季を幾度も積み重ね、多くの人の手によって大切に育てられてきた大藤、人の心に感動と癒しを与え続けてきて、今正に満開の時を…。何故?。その訳は、コロナ感染のため自粛要請にも関わらず、我慢の出来なかった人達が県外からも連日花を見に殺到。「開花した美しい花を見たい!」単純な思いで集まった人々。だた、現実問題としてその場への殺到!は、人への互いの思い遣りがあれば、常識ある判断で回避できたのでは。回避できていれば満開の藤も、その美しさを自然のままに終わって行く事ができたはず…。本当に花が好きで花を愛でたいと思う人は、ほんの少し我慢をすれば…と自粛していたのになぜこんなことに…と。藤に限らず、桜に始まり花が彩る季節だからこそ、自然豊かな我が国だからこそ様々な場面で様々な花が同じ状況に。「今一度、人のために、自分のために、全てのものがあるべき姿を留めるためにはどうあるべきか」を誰を攻めるではなく、真剣に考えるべきだろう。
 昨年末に始まったコロナウイルス騒ぎが間もなく半年にも及ぶこの時期に、漸く緊急事態宣言の解除が話題に。ただ、私達の安易な判断、思い込み、油断、が新たな緊急事態になりかねないことを肝に命じて行動をしなくては。これ迄以上に、私ひとりくらい…の安易さが多くの人の命に関わってくる現実を誰もが徹底認識し行動すべき時。

 今「たかが花」?、そう思う人もいるだろう。しかし、あなた自身の元気の源が何かに、何処かにあるように、花に癒され、花に元気をもらって…それが明日に向かう力や勇気に繋がって行く人が居ることを忘れてほしくない。見たいという思いは同じだが、本当に愛でる人はその花との絆で、今を我慢が出来るのだが、ちょっとしたお花見感覚の人の殺到が悲劇に。花に限らず、人の感性、価値観…は人それぞれである事を思い理解し、誰もがそれを盾に人を攻撃するのではなく、互いに認め合い、協調の道を探し歩むべきだろう。本当に今自分にとって一番大切なものは、それを守って行くためには…と真剣に考えれば、自ずと行動は決まってくる。決してそれは人を非難するものではなく、人の思いや心にも理解が及ぶのでは。
 大変な日々の中でも、今世界中の老若男女が様々な形で互いを助け合う行動に、共に乗り越えようとする努力、人と人との思い遣りや優しさの連鎖が、連日の嫌な報道の合間を縫って入ってくる。その一つ一つに「世の中捨てたものじゃない、人は人と共に生きて共に前に進もうと励まし支え合っている」事が感じられ、嬉しく、自らもその一員でありたいと云う思いに。では、改めて、自分は何をすべきか!何が出来るか!と自問自答させられる。人は人と共に生き、生かされていることをこんな時だからこそ、改めて深く思い、人との繋がりに心から感謝したい。我が儘ではなく、常に誰かを思い、感謝の気持ちを持っていれば、それが終息への近道なのではないだろうか。目に届くものの他に見えない脅威。今回のコロナウイルスは多くの重要な事柄を私達に教えてくれているのでは。その意味でも、真剣に暮らしを見直さなければいけないだろう。

                
            専慶流 西阪慶眞


慶眞のいけばな教室案内

専慶流真樹会本部/近鉄三山木駅西 TEL 0774-63-1785

専慶会館/京阪桃山駅東 TEL 075-612-2076

■所沢教室/新所沢駅西 TEL 090-2173-5700


通信特別レッスン制度もあります。お問い合わせ下さい。

花模様  専慶流