1999年8月1日発行/専慶流いけばな真樹会主宰・西阪慶眞


花材/ほうずき、アンスリューム、ストレチヤの葉、孔雀草

ポイント お盆の花と云えば朝鮮槇が定番だが、ホウズキを洋風生花に取り込むのも現代への感覚でしょう。斬新な中に雅味を見い出すため、キリッとした扱いを。ストレチアの葉の代替えにはギボウシなどやや大型の面素材を。



花材/縞つくも、サンデリアーナ、ミスティーブルー、小形ひまわり

ポイント 猛暑の中でのいけばなは何と云っても鮮度をどのように保つかであります。水切り、水の入れ替えなど細やかな配慮は欠かせません。一見弱そうに見える朝顔も生け手の心次第で小さな蕾まで開花させる事も可能なのです。
いずれにせよ、涼やかに見せるのは今期の絶対条件であり、そのためには普段より多めに空間を捕らえることがポイントとなります。


 新種のうぜんかずら

挨拶はコミュニティーの第一歩

 『おはよう』。このひと言から、決して自分一人ではない空間の一日が始まります。      
 たったひと言のこの言葉の行き来が、人との自然な流れを作り出していきます。そうなのです、人と人との交わりには、まず始めに何らかの『あいさつ』がなければいけないのです。そして交わされた『あいさつ』の状況によって互いの心は様々な思いに出会います。ほんのひと言の『あいさつ』が、時に心を温かく、穏やかに、優しく…また思わぬエネルギーへと置き換えられてゆきます。
 反面 交わされるはずの『あいさつ』が、一方通行に終ってしまった時の言葉にならない思いは、相手の人との交わりの深さに関係なく、一日を暗くしてしまうと云った経験は誰しもあるのではありませんか。
 決して何かを期待して『あいさつ』するのではありません。人として心から自然に口に出るのが通常なのです。余談ですが我が家には大型犬のセットランドシープドッグがいます。おはよう! 行ってくるよ! ただいま!っと声をかけるのが習慣となっているのですが、急ぎの時など私が声をかけるのを忘れて出かけようとすると犬の方から「ワン!」と声をかけてきます。そんな時は「ごめんね、行ってくるね」って云ってやるととても満足な表情をするのです。ちょっとした声をかけることによって安心感や共有する何かを感じとっているのでしょう。
 『あいさつ』に始まる人間関係は、これまでの結びつきをさらに深く、あるいは広くし、また新しい交わりは、限り無い未知の世界への入り口となる可能性を秘めているのです。人と人との交わりが希薄になりがちな現代社会。その原因の一つにこの挨拶の欠如があるのではと思えてなりません。『あいさつ』は人と人を結ぶ大切な役割を果たしてきたのだと思います。「おはようございます」このひと言に自分の心のすべてが秘められているのです。マニュアル通りの「台詞」では我が家の犬は笑顔を返しません。そう、挨拶は私の心を端的に表現しているのです。とくに接客業にたずさわる人の、心からの挨拶は絶対条件でしょう。心のこもらない「台詞」はかえって相手の心を硬直させることを私達は知らなければいけないのです。

                              華道専慶流 西阪慶眞


慶眞のいけばな教室案内

専慶流真樹会本部/近鉄三山木駅西 TEL 0774-63-1785
墨染ガスの店/京阪墨染駅西 TEL 090-2101-6144
大阪西区民センター/西長堀駅前 TEL090-2101-6144

専慶会館/京阪桃山駅東 TEL 075-612-2076

通信特別レッスン制度開設

 花模様表紙に戻る